クイックバーUNI-350-W

製品紹介

クイックバーは取り付け、取り外しが簡単な吸盤式の手すりです。
タイルやユニットバスの壁面をはじめ、浴槽の中にも取り付けられます。取付面が乾いた状態で取り付けた後は、水に濡れても問題ありません。

取り付けられる場所

FRPやアクリル板などの荷重に耐えられる滑らかな平面に取り付けられます。凹凸やざらつき等を避け、ユニットバスの壁面や浴槽の内側等に取り付けて立ち上がりの補助としてご使用下さい。タイルにも取り付けられますが、タイル自身の強度やタイル目地に吸盤がかからないことに注意してご使用下さい。吸盤ですので空気を通すような壁面やクロス等の表面加工を施した壁面にはお取り付けできません。

 

クイックバーUNI-400-WX

製品紹介

クイックバーは取り付け、取り外しが簡単な吸盤式の手すりです。タイルやユニットバスの壁面をはじめ、浴槽の中にも取り付けられます。取付面が乾いた状態で取り付けた後は、水に濡れても問題ありません。

取り付けられる場所

FRPやアクリル板などの荷重に耐えられる滑らかな平面に取り付けられます。凹凸やざらつき等を避け、ユニットバスの壁面や浴槽の内側等に取り付けて立ち上がりの補助としてご使用下さい。タイルにも取り付けられますが、タイル自身の強度やタイル目地に吸盤がかからないことに注意してご使用下さい。吸盤ですので空気を通すような壁面やクロス等の表面加工を施した壁面にはお取り付けできません。

クイックバーUNI-500-W

製品紹介

クイックバーは取り付け、取り外しが簡単な吸盤式の手すりです。タイルやユニットバスの壁面をはじめ、浴槽の中にも取り付けられます。取付面が乾いた状態で取り付けた後は、水に濡れても問題ありません。

取り付けられる場所

FRPやアクリル板などの荷重に耐えられる滑らかな平面に取り付けられます。凹凸やざらつき等を避け、ユニットバスの壁面や浴槽の内側等に取り付けて立ち上がりの補助としてご使用下さい。タイルにも取り付けられますが、タイル自身の強度やタイル目地に吸盤がかからないことに注意してご使用下さい。吸盤ですので空気を通すような壁面やクロス等の表面加工を施した壁面にはお取り付けできません。

クイックバーUNI-3030-3S

製品紹介

クイックバーは取り付け、取り外しが簡単な吸盤式の手すりです。タイルやユニットバスの壁面をはじめ、浴槽の中にも取り付けられます。取付面が乾いた状態で取り付けた後は、水に濡れても問題ありません。

取り付けられる場所

FRPやアクリル板などの荷重に耐えられる滑らかな平面に取り付けられます。凹凸やざらつき等を避け、ユニットバスの壁面や浴槽の内側等に取り付けて立ち上がりの補助としてご使用下さい。タイルにも取り付けられますが、タイル自身の強度やタイル目地に吸盤がかからないことに注意してご使用下さい。吸盤ですので空気を通すような壁面やクロス等の表面加工を施した壁面にはお取り付けできません。

クイックバーUNI-3040-3S

製品紹介

クイックバーは取り付け、取り外しが簡単な吸盤式の手すりです。タイルやユニットバスの壁面をはじめ、浴槽の中にも取り付けられます。取付面が乾いた状態で取り付けた後は、水に濡れても問題ありません。

取り付けられる場所

FRPやアクリル板などの荷重に耐えられる滑らかな平面に取り付けられます。凹凸やざらつき等を避け、ユニットバスの壁面や浴槽の内側等に取り付けて立ち上がりの補助としてご使用下さい。タイルにも取り付けられますが、タイル自身の強度やタイル目地に吸盤がかからないことに注意してご使用下さい。吸盤ですので空気を通すような壁面やクロス等の表面加工を施した壁面にはお取り付けできません。

クイックバーUNI-4040-3S

製品紹介

クイックバーは取り付け、取り外しが簡単な吸盤式の手すりです。タイルやユニットバスの壁面をはじめ、浴槽の中にも取り付けられます。取付面が乾いた状態で取り付けた後は、水に濡れても問題ありません。

取り付けられる場所

FRPやアクリル板などの荷重に耐えられる滑らかな平面に取り付けられます。凹凸やざらつき等を避け、ユニットバスの壁面や浴槽の内側等に取り付けて立ち上がりの補助としてご使用下さい。タイルにも取り付けられますが、タイル自身の強度やタイル目地に吸盤がかからないことに注意してご使用下さい。吸盤ですので空気を通すような壁面やクロス等の表面加工を施した壁面にはお取り付けできません。

クイックバーミニUNI-300M-W

製品紹介

クイックバーは取り付け、取り外しが簡単な吸盤式の手すりです。タイルやユニットバスの壁面をはじめ、浴槽の中にも取り付けられます。取付面が乾いた状態で取り付けた後は、水に濡れても問題ありません。

取り付けられる場所

FRPやアクリル板などの荷重に耐えられる滑らかな平面に取り付けられます。凹凸やざらつき等を避け、ユニットバスの壁面や浴槽の内側等に取り付けて立ち上がりの補助としてご使用下さい。タイルにも取り付けられますが、タイル自身の強度やタイル目地に吸盤がかからないことに注意してご使用下さい。吸盤ですので空気を通すような壁面やクロス等の表面加工を施した壁面にはお取り付けできません。